スキンクリーム

スキンクリームというのは、肌に浸透させた化粧水などの潤いをキープして閉じ込めるための基礎化粧品で、顔だけでなく身体全体に塗るものもあります。

スキンクリームの種類

油分の無いクリーム

スキンクリームは油分が入っているのが特徴ですが、水分100%でできているスキンクリームもあります。

油分の代わりに水溶性ポリマーを配合しており、オイリー肌の人でもさっぱりとした使い心地になります。

弱油性クリーム

油分は少なめで10〜25%くらい配合されているスキンクリームです。

バニシングクリームが主になっており、非イオン性界面活性剤が入っているものが多いです。

中油生クリーム

油分が30〜50%ほどのスキンクリームで、一般的に使われるのはこのタイプです。

保湿効果が高い油分のバランスがちょうどいいクリームです。

無水クリーム

油分だけでできているクリームで、スキンクリームというよりもクレンジングとしてメイク落としの用途で使用します。

スキンクリームの選び方

スキンクリームは様々なメーカーからいろんな用途のものが販売されているので選ぶのに悩む人も多いです。

スキンクリームの選び方は、自分の肌の皮脂の量とのバランスを考えて選ぶのがいいでしょう。

オイリー肌の人は単純に油分の少なめの物を選び、乾燥肌の人は油分が多めのスキンクリームを選ぶというのが自然です。

さらに別の効果、例えば美肌や美白効果を期待するのであれば、ビタミンc誘導体やアルブチンが配合されたもの、エイジングケアの効果を期待するのであればプラセンタやヒアルロン酸などが配合されているものもいいでしょう。

スキンクリームの効果的な使い方

スキンクリームエステ

スキンケアの役割というのは肌の表面をコーティングして潤いを逃さずにキープすることと、肌の水分と油分のバランスを整えることです。

スキンクリームは油分を含んでいるので、使い方で気をつけたいのはズバリ「量」です。

油分が多いため、量を間違えてしまうと肌がベタつきテカリの原因になってしまいます。

ただしい量を塗るためには指先にほんのすこし乗せてから、おでこと頬と顎に少しずつ乗せて、それを顔全体に伸ばすようにしましょう。

しっかりと伸ばしやすいように手を温めておくとさらに薄く塗ることができます。

それでも塗りすぎてしまった場合は、ティッシュなど柔らかい素材のもので肌を軽く抑えて油分を取ってください。

スキンクリームの売れ筋商品

キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム

花王のキュレルシリーズのフェイスクリームで、潤浸保湿セラミドを高配合しており、角層の深部にまで潤いが届きます。

消炎剤も配合しており、肌荒れを防ぎしっとりと吸い付くような肌になります。

QuSome モイスチャーリッチクリーム

エイジングケアに最適な成分をバランスよく配合しているクリームです。

肌に弾力を与えるポリアミン、ハリを与えるアップレピティ、バリア機能をアップさせるアクアエクストリームなどこわだりの美容成分でエイジングケアをサポートします。

スキンケアの仕上げとして使用することで、化粧水や美容液の美肌成分をしっかりと閉じ込めて持続させます。

SKⅡ ステムパワーリッチクリーム

化粧品の最高峰とも言われるSKⅡの中でもエイジングケアに効果的とされているスキンクリームがステムパワーリッチクリームです。

スキン コンディショニング成分を配合しており、角質層を整えて、潤いが長時間持続する肌にしてくれます。

SKⅡ独自の濃厚な天然成分による香りも人気です。

スキンクリームでスキンケアは完結

洗顔から始まって、化粧水、乳液、そして最後はスキンクリームでしっかりと肌を整えて潤いをキープさせるのが、美肌を保つ秘訣です。

自分にあった基礎化粧品をしっかりと選んで、美肌を保つために毎日しっかりと続けるようにしましょう。

化粧水での保湿は重要ですが、浸透した水分を逃がしてしまえば意味はありません。

潤いをキープして閉じ込めるためには乳液は必須になります。

自身の肌質を見極めて肌に合った乳液を見つけて使ってください。