スキンケア

女性のスキンケアに欠かせないものというのは化粧品になりますが、化粧品と言ってもメイクをするものと、素肌をケアするものに大別されます。

ここでは地肌をケアするための化粧品の種類と用途を解説していきたいと思います。

スキンケアの化粧品

基本的には入浴後、肌が一番清潔で綺麗なときにスキンケアを行います。

これから紹介する化粧品の種類は、入浴後にスキンケアをする順番で並べていきます。

洗顔料はスキンケア前の肌リセット

洗顔料にはメイクを落とすためのクレンジングと、皮脂汚れなどを落とす洗顔料に別れます。

洗顔料は軽い汚れ落とし

洗顔料

洗顔料というのはスッピンの顔を洗うときに使用するものです。

すっぴん時の汚れというのは汗や皮脂の汚れの他に、ホコリやチリ、排気ガスやたばこの煙などによるもので、毛穴が塞がれると皮脂が酸化したり、雑菌が繁殖しやすくなるので、炎症やニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

それを落とすのが洗顔料で、ジェルタイプ、泡タイプ、液状タイプ、泥タイプなどいろんな種類があります。

肌への刺激はクレンジングよりは少ないので、メイクをしていない場合は洗顔料を使用するのがいいでしょう。

クレンジングはメイク専用洗顔

仕事などをしていると毎日メイクをすると思いますが、メイクというのは毛穴を塞ぎますし、そもそも肌にいいものではありません。

しかも油性の顔料などが使用されているので、水などに強いのでそう簡単に落とせなくなっています。

だからクレンジングというのは、オイルや界面活性剤のように強力な洗浄成分が使われています。

そのため肌への負担が大きいので、できるだけ素早く、できるだけ擦らずに落とすのが理想的です。

いずれにせよ角質層やバリア機能にダメージが受けやすいので、クレンジングのあとのスキンケアは大切になります。

化粧水は潤いを与える

化粧水

洗顔後や入浴後に行なうスキンケアは化粧水による保湿です。

洗顔後や入浴後というのは肌の水分が蒸発しやすい状態になっているので、保湿をしなければなりません。

しかし水そのものを肌につけるだけでは皮膚の内部の層までは浸透しないので化粧水を使用します。

化粧水にはエタノールやグリセリン、エモリエント剤など、肌に浸透しやすいように作られています。

その他にも化粧水の役割としては肌のphを整えたり、皮脂の過剰な分泌を抑えたりするということもあります。

さらに高級なものになると美肌成分である、ビタミンC誘導体や抗酸化成分(エイジングケア成分)などが入っているもものや、ニキビなどのアクネ菌を殺菌する効果のあるものもあります。

美容液で美肌成分を補う

美容液

美容液というのはとくにエイジングケアが目的で使用されることが多く、若い人だと美容液を使用していない人もいます。

美容液も保湿をすることが目的なのですが、老化によってシワやたるみ、シミなどになりやすい口元や目元に集中保湿ができます。

用途もさまざまで美白美容液やシミ対策美容液、ニキビ専用美容液など目的に合わせて成分が異なります。

エイジングケア目的であれば、ビタミンc誘導体やアルブチンなどの美白成分、ターンオーバーを促進するコラーゲンやプラセンタなどが高配合されていて、お値段も高めになります。

乳液で水分を閉じ込める

乳液というのは油分を含んでおり、化粧水や美容液で吸収させた潤いを閉じ込めるフタのような役割があります。

乳液をしないと化粧水や美容液でせっかく保湿された水分が肌にとどまらずに蒸発してしまいます。

オイリー肌の人は乳液をしないという人もいますが、ベタつきが気になる人でも量を調節して薄くでも塗っておくほうがいいでしょう。

スキンクリームは乾燥肌の味方

スキンクリーム

乳液と同じく皮膚の水分を蒸発させないようにフタをするのがスキンクリームです。

乳液よりも油分が多めなのであまり好きじゃない人もいるかもしれませんが、肌にはある程度の油分がないと、逆に肌が乾燥して余計な皮脂を自分で分泌してしまうということが起こります。

最近のスキンクリームでは美容成分が多く配合されているものも多く、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などでエイジングケアにも効果があります。

オールインワンで手間暇カット

上記で紹介した基礎化粧品のすべてのスキンケアが一度にできるのがオールインワンクリームやオールインワンジェルになります。

オールインワンタイプで気をつけたいのは、いろんな成分が沢山入っているので肌に合わないこともあるということです。

また、化粧水や乳液などの単体のものより効果は劣ってしまうので、エイジングケア目的や美肌ケアを目的としている場合はやはり丁寧にひとつずつの化粧品を使用するのがいいかもしれません。

基礎化粧品を正しく使おう

これらの基礎化粧品は年齢や肌質、肌の状態によって選ぶべきものが変わってきます。

自分にあった化粧品を見つけるのは難しいですが、まずは自分の肌がどういう状態なのかを知ることが大事でしょう。

化粧品売り場などで肌のチェックなどを行っていますから、試供品をもらいつつ、自分の肌質を見極め、最も効果のある化粧品を選んでください。

基礎化粧品選びに迷ったら、シミケア化粧品選びのサイトもご確認ください。